M字はげは改善できる?!

僕は、割と小さいころからおでこが広く、昔高校では野球部で部活をするときに坊主にするのですが、だいたいM字はげマークになっていました。

学生時代は特にあまり気にすることはなかったんですが、そこから30代の中盤ごろからだんだんと額が両サイドから薄くなってきたことに気が付いて、少し焦りもありネットや本などで調べてみると、原因はストレスや食生活などから来ていることがわかりました。

育毛剤はこれが効く!

など様々な情報もあり、一体何が良いのか分からなくなっていましたが、自分にとって一番よかったことは頭皮のマッサージでした。

シャンプーのときも専用のブラシでしっかりと毛根を刺激して、お風呂上りにもドライヤーで乾かした後にしっかり手でもう一度頭皮をマッサージをします。

これにより、単純に気持ちが良い癒し効果と、M字はげに効いているということで一石二鳥で嬉しいです。

年を取ってからM字はげが進行しないように若い時から気を付けておこうと思います。

M字はげとは一般的に言われる呼び方で、正面から見たときに額がM字に見えることからそう呼ばれている。

AGAなどと言われ若年性の生え際の後退もあり、通常では60歳から70歳にかけて額の頭髪が後退していくようだ。

主にハゲてしまう要因としては①ストレス&睡眠不足②喫煙③皮脂の過剰分泌などあり、目の疲れからくる眼精疲労によるところからも要因があったりする。

中でも、現代の日本人の原因における大部分の要素を占めるのは、やはり皮脂の過剰分泌なのではないかと思う。

日々の生活習慣病として、コンビニでの食事や脂っこいものばかり接種していたり、コレステロールの高い食事ばかり摂っているとM字はげになる可能性は十分高まるだろう。

あと、睡眠不足もM字ハゲの天敵である。

仕事などで不規則な時間で働いている人にとってはどうしようもないことだが、睡眠のゴールデンタイムである22:00~翌2:00にしっかり睡眠をとることで、ハゲなる可能性をグッと抑えられるかもしれない。

M字はげの対策をチェック